カルディシナモンロール自然解凍派?それとも電子レンジ派?

2021年7月21日

2018年の冷凍食品売り上げ部門で1位を獲得したこともあるという、カルディのシナモンロール。

今でも売り切れていることが多々ありますが、冷凍なのでカルディに立ち寄ったときに運よくあればここぞとばかりに買いだめしておいて冷凍庫に保存しシナモンロール食べたい!という欲望が沸いてきたら解凍して頂けるのが冷凍であるメリットですよね。

しかもめちゃくちゃ美味しいんです。



 

カルディの冷凍シナモンロール


シナモンロールが好きでセブンイレブン、ドトール、スターバックス、神戸屋などどれも美味しいシナモンロールですが、冷凍で販売しているところは私の知る限りはカルディだけです。

もちろん冷凍じゃない方も、食べたい時に買ってすぐに食べてれるのでそれはそれで楽しいですが、冷凍ですので買いだめして自宅の冷凍庫に保存しておけば、シナモンロールを食べたい!と思ったときに絶品のシナモンロールをいつでもいただくことができます。

カルディの冷凍シナモンロール価格

1個あたり240円(税別)

カルディの冷凍シナモンロールカロリー

1個あたり416kcal

ちなみにスターバックスのシナモンロールは、最新のデータでは1個あたり387kcal(2021年2月20日現在公式HP調べ)ですが、2017年ごろの時点では570kcalで、当時スターバックスの標準フードの中でもカロリーランキング1位でしたので美味しさをアップしながらカロリーを減らすような改良が施されていると思われます。

関連記事:スタバフードカロリーランキング1位は?新作ルビーチョコレートケーキ

カルディの冷凍シナモンロール賞味期限

製造日から180日(6か月)

カルディの冷凍シナモンロール自然解凍派?それとも電子レンジ派?

自然解凍

常温で自然解凍する場合は3~4時間で食べ頃になります。朝食で食べたい方は寝る前に冷凍庫から冷蔵庫に移せば、朝には食べ頃になっています。

自然解凍のシナモンロールの生地はふんわり、しっとりとした食感で、上にたっぷりとのったシナモンクリーム、生地の間のシナモンや砂糖も丁度いい具合に解けて柔らかくシナモンの良い香りが漂います。

冷凍の影響で生地がカスカスになるといった様子はなく、完璧に美味しいシナモンロールができあがります。

ちなみに公式サイトでは、

「冷蔵庫または常温で自然解凍してください。すぐに召し上がる場合は袋から出して500Wの電子レンジで約70秒、600Wで約60秒加熱してください。」

とありますので、カルディのおすすめは自然解凍のようです。

電子レンジ

カルディの冷凍シナモンロールのおすすめの解凍法は自然解凍のようです。

ただ「待てない、我慢できない!」というせっかちな方は、凍ったまま電子レンジでチンして解凍。

  • 500Wの電子レンジで約70秒、600Wで約60秒加熱

あたたかくてふんわり度が増して、これはこれで美味しいです。

冷凍の菓子パンより、普通の菓子パンの方が美味しいに決まってる!と思い込んでましたが、カルディのシナモンロールは、生地がきめ細やかで、生地と生地の間に空気が細かく入っているため、しっとり&もっちり感が抜けることなく美味しく楽しめます!

ちなみに私は、自然解凍して食べる前に15秒間だけ電子レンジで温めます。是非お試しください。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

冷凍菓子パン意外と美味しいので、スイーツ好きな方は是非一度お試しください。

関連記事:カルディのイタリアンドルチェ、マリトッツォはカプチーノと一緒に