ドラフト会議2021小園健太投手は1位指名されるか?小園健太プロフィール

2021年10月24日

今年の高校生のドラフト1位候補は、市和歌山の小園健太、高知の森木大智、ノースアジア大明桜の風間球打の右腕3人が話題になってますね。

市和歌山の小園健太投手は中学校からバッテリーを組んでいた松川虎生と大の仲良しさんですが、ドラフトに関してはある意味ライバル同士になるのでお二人とも希望の球団に入団できることを望みたいと思います。

ここでは、小園健太投手が1位指名されるのか?プロフィールなどが気になりましたので、

題して「ドラフト会議2021小園健太投手は1位指名されるか?小園健太プロフィール」として投稿していきたいと思います。




ドラフト会議2021小園健太投手は1位指名されるか?

今年はどこも動きが遅いのか手の内を見せたくないのか分かりませんが、各球団の動きが読みずらいというマスコミのコメントを散見します。

そんな中、広島は小園、森木、風間から1人を指名する方針を明かしてます。

 

広島は1日、マツダスタジアムでスカウト会議を行い、ドラフト会議での指名候補に85人を残した。

1位指名について、白武スカウト部長は「高校生の投手をいくのではないかな。小園、森木、風間の3人のうち1人。

決まってはいない。

どうなるか分からないが、現時点では」と示唆。当初から最上位に評価していた市和歌山・小園健太投手、高知・森木大智投手、明桜・風間球打投手を中心に、当日まで話し合って最終決定を下す方針を明かした。

引用:スポーツ報知

巨人は森木推し?

巨人はドラフト1位、2位は投手を指名することを明言していますね。

週刊文春では、小園投手をべた褒めするも巨人にふさわしいのは小園よりも森木と予想されている記者のコメントもありました。

 

様々なニュースを見る限り、どのニュースでも小園健太投手の名前は一番先に上がってきてますので、1位指名されることは間違いないと予想します。

小園健太プロフィール

生年月日:2003年4月9日

身長・体重:185㎝:90kg

ポジション:投手(右投げ右打ち)

出身地:大阪府

経歴:小学校1年生から野球を初め、中学校では全日本公式野球連盟大阪第一支部の「貝塚ヤング」に所属し全国優勝。

貝塚ヤングでバッテリーを組んでいた松川虎生さんに誘われて、和歌山市立和歌山高等学校に進学。

2年生の秋からエースとして活躍、近畿大会でベスト4に進出した。

今年の夏の大会では和歌山県大会決勝で、全国優勝を果たした智辯和歌山に4失点で敗退したが、2期連続での甲子園出場に貢献した。

 

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

いろいろ調べていくとドラフト会議がいつもより楽しみになってきました。

結果が楽しみですね。