命の行方HALのCMが超かっこいい!DUSTCELLが歌に込めたそのメッセージとは?

専門学校HALのCMソングに採用されている曲が気になったので調べてみました。

元ボカロPの作曲者と別の名前で知る人ぞ知るボーカルの二人組。これから期待の音楽ユニットです!

「命の行方HALのCMが超かっこいい!DUSTCELLが歌に込めたそのメッセージとは?」と題して更新していきたいと思います。




命の行方HALのCMが超かっこいい!

専門学校HALのCMの曲は、人気急上昇中のDUSTCELLの新曲だそうです。

そのCMがこちらです!

DUSTCELLが歌に込めたそのメッセージとは?

DUSTCELLの新曲「命の行方」が専門学校HALの2021年度のCMソングに採用されてます。

この「命の行方」作成にあたりMisumiさんがとあるインタビューでこう答えてます。

「生きること」「何かを生み出すこと」この2つを軸にイメージを膨らませていきました。

DUSTCELL結成初期に「STIGMA」という曲を発表したのですが、この曲をある種継承するような思いで「命の行方」を完成させられたような気がします。

自分の中でも特別な一曲になりました。何かを創ろうとしている多くの人に届くと嬉しいです。

引用:音楽ナタリー

DUSTLCELLプロフィール

ボーカルのEMAさんとコンポーザーのMisumiさんによる音楽ユニット。

2019年10月11日にオリジナル曲「CULT」をYoutubeで発表と同時に活動開始。投稿から1ヶ月経たずして100万再生を突破している。

2020年5月にリリースした1stアルバム「SUMMIT」はiTunesアルバム総合ランキングで2位を獲得。同年7月と11月にはワンマンライブを開催しています。

事務所はKAMITSUBAKI STUDIO。

EMAさん

ボーカル担当。詳細プロフィールは不明。

以前はsirose reiさんという名前を使われていたそうです。

EMAさんはMisumiさんの作る曲が好きでカバーしており、MisumiさんもEMAさんをSNS通して認知しておりお互い一目おいていたような感じです。

Misumiさん

楽曲制作担当。同じく、詳細プロフィールは不明。

DUSTCELL結成前はボカロPをしていたそうです。

EMAさんから一緒に音楽をやって欲しいというオファーを快諾しDUSTCELLを結成している。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

DUSTCELLの急上昇っぷりはYOASOBI並みの勢いを感じます。これからが非常に楽しみです。