GACKTマレーシア移住の理由とは?オリラジ中田敦彦も影響を受けたのか

2021年4月3日

オリラジの中田敦彦さんがシンガポールに移住する理由として、「節税」が取り上げられて一部で「守銭奴」とか言われていますが、家族を連れて移住される訳ですからそれを一番の理由として取り上げるのはちょっとかわいそうな気がします。

もっと言うとお金も大事ですよね。

アジアの国には私も何度か仕事や旅行でお世話になっていますが、暖かくて日本人に優しくて食事も美味しくて人生の中で一度住んでみたいと考えている方は沢山いらっしゃるかと思います。

ここでは特に日本人に大人気で、あのGACKTさんが大豪邸を構えられているマレーシアの事情をご紹介したいと思います。




マレーシアの住宅事情

マレーシアに普通の日本人が移住する場合、コンドミニアムが住みやすくて大変人気です。

3LDKの家賃相場

クアラルンプールの中心部近くの住宅街(都心から10㎞程度)で、例えば30階建ての中層階、生活必需品などの買い物もできるショッピングモールがあり、共有設備にプール、ジム、テニスコート、バーベキュー設備、読書室、そして24時間のしっかりとしたセキィリティがついて月6~7万円ほどで借りれます。

単身者向け1Kの家賃相場

単身者用は郊外には少ないみたいで、クアラルンプールのど真ん中だと、プール、ジム、パーティールーム、バーベキュー設備、24時間セキュリティがついて、高くて月13万円くらいなので東京のど真ん中だとありえないですが、10万円超えるとお得感が薄れる気がします。郊外にも探せば5万円以下ぐらいであるそうです。

マレーシアはどんな国


まず年中暖かいです。高温多湿で四季は無く、平均気温は21℃~32℃ほどになりますが夜は涼しいです。日本との時差も1時間なので日本と連絡を取る場合に不便が無いのもメリットですね。

現地人はマレー人、華人、インド人の順に多く多民族国家で、陽気で日本人に優しい人が多いです。

驚愕!GACKTのお家

GACKTさんのお家は、もちろんコンドミニアムの賃貸では無く、1,700㎡(500坪)の敷地にそびえ立つ豪邸で、クアラルンプールの中心から車で約30分ほどの距離にある自然豊かな閑静な高級住宅街にあります。

GACKTマレーシアを選んだ理由

オリラジあっちゃんこと中田敦彦さんとのコラボ対談での会話になりますが、GACKTさんがマレーシアを選んだ理由の一つにレストランでの食事が美味しいことをあげてました。

1日、1食しか食べないGACKTさんにとって美味しいことは絶対条件だそうですが、リーズナブルであることも譲れない条件であるとのこと。

例えばヨーロッパも美味しいけど、この味でこの値段を取るか?というところでブチ切れてしまうことがあるそうです。なのでヨーロッパで食事をすると、食後の時間がものすごい気分が悪くなるみたいで、とにかく食事をするならアジアが良いと絶賛でした。

あと、自然の中で暮らしたいという思いも強いみたいで、それが都心(クアラルンプール)から車で20~30分ほどで行けてしまのも大きな魅力であったようです。

マレーシアでビジネスも展開されているようなので、実際一番の目的はそこにあるかもしれませんが、マレーシアが大好きなことは間違いないですね。




マレーシアのリゾート

ボルネオ島

インドネシア、ブルネイとマレーシアの三か国が共有している世界で3番目に大きい島です。

ランカウイ島

ランカウイ諸島とも呼ばれ、99もの島からなる自然豊かでなんとタックスヘイブンであることも人気の理由です。

ペナン島

ビーチリゾートであることはもちろん、ヨーロッパとアジアが融合した文化も楽しめる人気のリゾート。

まとめ

私がマレーシアに滞在したのは仕事で1週間、プライベートで1週間ほどですが、年中暖かくて、物価も日本の1/3、住宅事情も良く、治安も悪く無い、食事も美味しいときたらデメリットを探す方が難しいくらい日本人にとって住みやすい国のように思います。

早期リタイアもしくはリタイア後に住んでみたい国の一つになりました。

リタイアメントビザを取得するにはそれなりの条件が必要になりますが、人生100年時代、一度は海外に住んでみたい!とお考えの方には候補の一つとしてご検討頂くのも楽しみが増えていいかと思います。