渡辺直美、渡米の理由とそのきっかけは?ある芸人から背中を押されて・・

2021年4月3日

芸能人の海外への進出が続いてますが、ビヨンセのものまねで海外でもすでに大人気の渡辺直美がニューヨークにお笑いの武者修行へ。

彼女に影響を与えたと言われるオリラジ中田敦彦も3月にはシンガポールでの生活を始められているかと思いますが、お二人とも海外からどのような面白い情報を発信してくれるのか非常に楽しみです。



 

渡辺直美、渡米の理由


彼女はあるインタビューで「世界中から人を日本に呼べるぐらいのエンターテイナーになることがこれからの目標」と語っています。

人を笑わせるエンターテイメントを発信していきたくて、それが国内に留まるのはもったいない。

自分をきっかけに日本に興味をもってくれる人を増やしたい。

日本が好きだからこそ、日本を好きになってくれる外国人を増やしたい、そしていつかは海外のメディアに「撮影するからNYに来てください」って言われたら、「私時間ないんで、あなたが日本に来てください」って言えるようになりたい。

具体的なところでは、NYでコントをやってみたいそうです。

非常に高い意識を持って海外でチャレンジする芸能人の方が増えてますが、渡辺直美さんもまさにその一人で今後を期待したいと思います。

渡辺直美、渡米のきっかけ

中田敦彦


オリラジ中田敦彦と地方に営業に行くためのバスの中で「お前には長所がいっぱいあるだろ。短所は捨てる。短所は見ない。短所を伸ばすよりも、誰もマネができないところまで長所を伸ばす。短所を伸ばしても、やっと普通のレベルになるだけ。同じ努力をするならば、長所を伸ばした方が絶対にいい」と言われたことがきっかけとなったと語っています。

自分の強みは何か?を考えた時に「表現力」が頭に浮かび、「表現力」を伸ばしたい!と思い立った彼女は3か月間ニューヨークに短期留学を決行。

その留学をきっかけに世界に挑戦したいという思いが強くなりNYへお笑いの修行へ旅立つことを決意されたそです。

大悟


大悟から「俺らはな、もし海外にいきたいと思っても、行くチャンスがない。でも、直美はそのチャンスがあるのに、自分から行かないっていう意味がわからへん」、最後に日本はワシに任せとけと背中を押されたとコメントしています。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

情報発信できるインフラが加速度的に進化している今、芸能人に限らず活動拠点は自由度を増してきていますので日本人が海外でますます活躍することを期待したいと思います。

関連記事:オリラジ中田敦彦、シンガポール移住の理由と節税効果は?