モータルコンバットのゲーム国内未発売の訳?映画は年齢制限あり!

海外で大人気のモータルコンバットのゲームですが国内で発売されていません。

また先日国内で公開された映画も年齢制限ありとのことで、理由は容易に想像できますが制限されていると余計に見たくなってしまいます。

ゲームもあまり好んでやるほうでは無いですが、モータルコンバットはちょっとプレイしてみたいですね。




 

モータルコンバットとは?

1992年に第1作がリリースされた対戦型格闘ゲームの名前です。

世界中から集められた戦士たちが、自らの世界の命運を賭けた格闘トーナメント“モータルコンバット”に挑むストーリー。

モータルコンバットのゲーム国内未発売の訳?

ご想像の通りですが、個性豊かなキャラクターたちがそれぞれの技を駆使して戦うだけでなく、体から脊椎を引き抜くなどの「フェイタリティ」と呼ばれる残酷なシーンが頻繁に出てくるためだそうです。ちなみに私はプレイしたことはありません。

フェイタリティ:致死性もしくは、事故や災害での死亡を意味するそうです。

モータルコンバット映画の年齢制限

戦闘シーンがあまににも過激なため、R15+指定されています。

モータルコンバット映画の評判は?

4月23日に劇場公開されたアメリカでは、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』や「ゴジラ VS コング」などの話題作を押し退け、2,250万ドルという大好評ぶりで興行収入ランキング1位を獲得しているそうです。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

真田広之さんのアクションも海外では大人気のようで、その過激すぎるアクションを4DXで観てみたいと思います。