新庄剛志の現在の住まいはどこ?家は東京池袋で家賃35万円って本当?​​​​​

2021年11月2日

1990年からプロ野球選手として活躍し、2000年にはメジャーでニューヨーク・メッツにも所属していた実績を持つ新庄剛志さん。

2004年には日本ハムファイターズに移籍してチームを日本一にすることにも貢献しましたが、2006年に惜しまれながら引退しました。

引退後はタレント活動されてましたが、信頼していた人と金銭面でのトラブルで深く傷つき、単身バリ島に移住。

13年間バリ島で愛犬と質素に生活されていたそうですが、2019年に帰国。

先日、日本ハムファイターズ監督への就任が正式に決定したとのニュースが話題になってますが、

「新庄剛志の現在の住まいはどこ?家は東京池袋で家賃35万円って本当?​​​​​​​​​​」として調査していきたいと思います。




 

新庄剛志の現在の住まいはどこ?新庄剛志の家は東京池袋で家賃35万円って本当?

 

13年間バリ島で生活していた新庄剛志は、2019年11月にプロ野球選手として復帰すべく日本へ帰国した。

2020年12月7日に行われた12球団合同トライアウトに参加するも、どこからもオファーが無く現役復帰を断念されています。

バリ島では家賃3万円で6畳のワンルームマンションで愛犬と質素に生活している様子が、「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)で放送されましたが、ものすごいトレーニングを日課にしている新庄剛志に坂上忍は脱帽していました。

 

さて、日本に帰国後のお住まいはどこで、どういう佇まいなのか?

 

新庄剛志さんの現在のお住まいは東京池袋にある家賃35万円の一戸建てだそうです。

バリ島での家賃の10倍以上になりますが、生活に困ることな無いようです。

2階はリビングで一緒に暮らすスタッフ2人のベッド、3階は台所と新庄さんのベッド、奥にはトレーニングの器具が置いてあり、ウェートトレーニングのほか、ランニングマシンやローラー腹筋、階段の上り下りダッシュ30本など、自宅で体を鍛えまくっている様子が放送されてました。

また、屋上も付いているため、屋上ではプロ野球選手復帰を目指していた時は毎日ボールを打ち込めるよう打撃練習用の設備も備えてありました。

 

新庄剛志の現在の収入は?

 

「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)で坂上忍に、仕事はどうしているのか?聞かれるとこのように答えていました。

肉体美とバイタリティーを生かしていろいろなお仕事をこなされているようで、プロ野球選手にならなくても、全然食べて行けそうで新庄剛志はやはりただものでは無いですね。

放送された映像の中では「数千万は稼いだ」とのことでした。

どんな仕事も「楽しさしかない」

帰国してから10日で「数千万円は稼いだ」と言い、一体どんな仕事をしているのか、番組は新庄さんの仕事にも密着した。

8月28日は都内の撮影スタジオにいた新庄さん。この日は、一流のビジネスマンを読者に抱える雑誌『GOETHE』の撮影だった。

野球とは違う仕事に緊張しているかと思いきや、「緊張感ある仕事なんてないよ。楽しさしかない」と終始、楽しそうな表情を見せる。

野球以外にもさまざまな仕事に挑戦する新庄さんは「『お前、野球を目指しているんじゃないのか』と思われるのも楽しいし、思われたい。アンチをつかんだら、一気にファンになる。自分の気持ちでエンジョイになります」と語った。

さらに「休みは1日もない」と話し、「睡眠は5~6時間で仕事して練習して、近くの銭湯で体を温めて、スポーツマッサージの人を呼んで2時間近くケアしてもらって、また仕事、トレーニングの繰り返し」と日々のルーティンを明かした。

引用:FNNプライムオンライン

また「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演した際、日本に帰国してすぐに7,000万円稼いだと本人が語っていますので、年間では軽く1億円は超えていると予想できます。

日ハム監督になったら豪邸に引っ越し?

「新庄剛志の現在の住まいはどこ?家は東京池袋で家賃35万円って本当?​​​​​」はどうやら本当のようでした。

今季で勇退となる日本ハムの栗山英樹監督の後任として、新庄剛志が新監督として正式に決定したとの報道がありました。

もし、日ハムの監督に就任されたら都内のタワーマンションとかに引っ越しされるのでは?と想像しますが、また情報入手しだい更新していきたいと思います。

新庄が日ハム監督に就任すれば、盛り上がること間違いないので期待したいと思います。




まとめ

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

新庄剛志は一見チャラいイメージがありますが、いろいろと調べていくと自分に正直で、他人に対して誠実で正直で、努力家ですばらしい人なんだなと改めて思いました。

今後も是非、プロ野球チームの監督でもタレントでもいいので応援していきたいと思います。