アンジェラ芽衣がカニをかぶっているのは何故?富山県さかな応援ガールになったきっかけは?

2021年11月3日

仮面ライダーセイバーで仮面ライダーサーベラを演じていた人気急上昇中10頭身モデルのアンジェラ芽衣さん。

カニのかぶりものをしてまで富山県のさかな応援ガールになっていたのいうのはどのようなきっかけなのかきになりましたので

題して「アンジェラ芽衣がカニをかぶっているのは何故?富山県さかな応援ガールになったきっかけは?」と題して投稿していきたいと思います。

 




アンジェラ芽衣がカニをかぶっているのは何故?

富山県のさかな応援ガールとして高志の紅ガニを紹介するにはまず「カニの気持ちにならないといけない」と思ったそうで、そのためにカニのかぶりものをやろうと思ったと、富山県のさかな応援ガール就任のインタビューで答えてました。

富山県さかな応援ガールになったきっかけは?

2018年7月に富山市で開催された『TGC TOYAMA 2018 by TOKYO GIRLS COLLECTION』で富山県に来県した際に、ホタルイカミュージアムでホタルイカの勉強をした後に食べたホタルイカが美味しすぎて富山の美味しすぎる海産物が大好きになったそうです。

そして、その模様を自身のSNSに投稿するなど、10頭身“富山のさかな”ファンとしてどんどんメッセージを発信していったことが、富山県のさかな応援ガールになったきっかけだそうです。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

  • アンジェラ芽衣がカニをかぶっているのは何故?
  • 富山県さかな応援ガールになったきっかけは?

について調べてみました。

なかなかモデルさんでカニのかぶりものを自ら進んでやるというのは勇気がいることだと思いますので、これからもいろいろなことにチャレンジしていってもたいと思います。

日本海の魚介類は間違い無いですし、アンジェラ芽衣さんに応援されたら富山県に行くしかないですね!