村木風海の高校はどこ?ひやっしーが人類を救う?火星移住計画とは?

2021年9月24日

二酸化炭素を吸収する研究を続けている村木風海さん。

現在は東京大学に通いながら、二酸化炭素の吸収に絡むいろいろな技術を研究され注目が集まってますね。

20数年後には人類初の火星人になる?という夢も持たれているそうで、これからが大変楽しみな若い研究者です。

題して「村木風海の出身高校はどこ?ひやっしーが人類を救う?火星移住計画とは?」としていろいろと調べていきたいと思います。




 

村木風海の高校はどこ?

得意科目は、国語・社会・英語でどちらかというと文系で、特に算数のペーパーテストは今でも苦手だそです。

理科について研究がとにかく大好きで、2歳の時に「ねぇ、どうして近くの景色は速く流れるのに、遠くの景色はゆっくり過ぎていくの?」を両親に聞いたことが全て始まりとのこと。

科学者は「なぜ?」と思うことが大事かと思いますが、2歳からそういう疑問を持つというのは生まれつきの科学者なんでしょうね。

出身高校は、中学から地元の中高一貫校で北杜市立甲陵中学・高校に進学されていらっしゃいます。

以下、簡単にプロフィールご紹介しておきます。

生年月日

2000年8月18日生まれ

出身地

神奈川県相模原市生まれで、幼少期~高校まで山梨県甲斐市で過ごされたそうです。

略歴

小学4年生の頃から地球温暖化を止める為の発明と人類の火星移住を実現させる研究を続けている。

2017年10月 総務省異能vation 破壊的な挑戦部門 本採択。

2019年4月 東京大学 教養学部前期課程 理科 I 類 入学

2019年8月 世界を変える30歳未満の日本人30人として、Forbes Japan 30 UNDER 30 2019 サイエンス部門受賞。

2020年4月 一般社団法人炭素回収技術研究機構(CRRA)設立、代表理事・機構長(現任)

2021年1月からは、大手化粧品メーカー・POLAの研究開発部門、ポーラ化成工業株式会社 フロンティアリサーチセンター 特別研究員(サイエンスフェロー)を兼任。

同年3月よりアグリテックベンチャー企業、株式会社Happy Quality 科学技術顧問を兼任。

学歴

小学校

山梨学院大学付属小学校(現・山梨学院小学校)

小学4年の時に現・山梨学院小学校に転校した時の先生が村木風海さんの「なぜ?」にどこまでも付き合ってくれたことで人生が変わったと言います。

中学校・高等学校

中学から地元の中高一貫校、北杜市立甲陵中学・高校に進学。

大学

研究実績が評価され推薦で東京大学 理科1類に入学 → 2021年4月に東京大学工学部 化学生命工学科に進学されています。




村木風海の発明品「ひやっしー」が人類を救う?

世界最小の二酸化炭素回収マシン、その名も「ひやっしー」。

*ひやっしーのCO2吸収性能は、1年間の連続稼働で50kgであり、温帯常緑森林(日本の、年中葉がついている森)で94.3平方メートル(28.5坪)分、温帯草原(日本の草原)で217平方メートル(65.6坪)に相当するCO2純固定量を持ちます。つまりご家庭の1つの部屋や会社の会議室などでは、1日に2時間半程度動かすだけでも、部屋いっぱいに森や草原が広がった時と同じぐらいのCO2を吸収できるということになります。

村木風海さんは空気中から回収したCO2を活用してこんなようなことを研究されていらっしゃいます。

人類の未来を左右するすばらしい研究課題だと思いますので頑張って是非実現してもらいたいですね!

  • ガソリンの代わりになる燃料を作る研究
  • 農業分野で肥料として活用
  • 化粧品や炭酸飲料、ドライアスの原料
  • 火星に移住できる

村木風海の火星移住計画とは?

村木風海さんはCRRAで独立した研究を行っている目的は、彼の夢でもある「地球温暖化を止めて地球上の77億人全員を救い、火星移住も実現して人類で初の火星人になる」を実現させるためだそうです。

2045年までに人類初の火星人になる!という夢を書いた著書も出版しています。

「火星の青い夕陽が見たい」。そのためには火星を覆う空気中の95%の二酸化炭素を回収しなくてはと、著者が小学生のときに抱いた夢から始まった研究は、火星移住を叶えると同時に人口爆発、地球温暖化、食料危機、エネルギーなどの問題を丸っと解決!

「江戸時代の暮らしに戻らないと地球温暖化は止められない」「地球はもうダメかも」と悲観する多くの非理系人間のために、イラストをたっぷり使い、目から鱗の地球を救う方法をゆるっとふわっとわかりやすく解説しています。

“二酸化炭素=人類の敵”を逆手に取った、痛快でミラクルでエコな未来&宇宙予想図!

著書:火星に住むつもりです。

ご興味のある方は是非。


炭素回収技術研究機構のクラウドファンディング

テレビ番組にも積極的に出演されていて、先日のサンデージャポンでも現在の研究事案の紹介や、研究に必要な資金集めでクラウドファンディングも頑張っているので協力をお願いしたい!と熱く語られていました。

ご興味ある方は是非一度ご参照ください。

 

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

こういう若くてやる気まんまんの研究者がどんどん出てくると、日本もまだ捨てたものじゃないとちょっと期待が持てますね。