伊藤沙莉は韓国人?幼少期は極貧生活!女優業に疲れた時に食べるものは?

2021年7月13日

9歳から芸能界に入り、現在大活躍中の伊藤沙莉さん。

幼少期の壮絶な生活、韓国料理が得意なお母様との思い出、お笑い芸人の兄との関係、女優業に対する悩みなど「人生最高のレストラン」で伊藤沙莉さんの人生の一部を知ることができる番組なのでファン必見かと思います。




 

伊藤沙莉は韓国人?


生年月日:1995年5月4日

出身地:千葉県

職業:女優、ナレーター

家族

兄、妹の3人兄弟。父親は咽頭がんで早くに他界され母子家庭。

父もしくは母のどちらかが韓国人だそうなのでハーフですね。

あと、お兄様はお笑いコンビ「オズワルド」のツッコミ役、伊藤俊介。

略歴

9歳の時にドラマ「14ヵ月~妻が子供に還っていく~」でデビュー

かなりの数のドラマに出演。現在、関西テレビ系の「大豆田とわ子と三人の元夫」のナレーションを務めている。

伊藤沙莉が女優業に疲れた時に食べるものは?

6/12(土)TBS系で放送される「人生最高のレストラン」に出演されました。

女優をやめたくなった時など、落ち込んだ時に食べる極上しゃぶしゃぶが紹介される。

その他、お酒のつまみや、韓国料理、幼少期の壮絶な貧乏生活など、伊藤沙莉の食と人生を加藤浩次が深堀していく。

伊藤は「いろいろあった家庭で、おうちが一時なかったんです」と話し、「お父さんが若干やらかしまして、飛んだんですね。で、家に住んでいられなくなっちゃった。お金もないし。で、私は母の幼なじみの家で、お兄ちゃんとお姉ちゃんは、お兄ちゃんのサッカー仲間の家」と一家バラバラに。伊藤は2歳の時だったというが「めちゃくちゃ覚えています。何で私だけ1人なんだろう」と思っていたという。

期間は「体感より短くで3カ月かそのくらい」と言うが「お母さんと伯母がめちゃくちゃ働いて…。朝から牛乳配達して、ほとんど寝ていなかったと思います」と言う。「で、おうちを見つけて迎えに来てくれました。かなりボロボロのアパートだったんですよ。でもお母さんがよく言うのが、3人がそのボロボロのアパートだったのに『お城だ!すごい!』って言っていた時には、本当に頑張ってよかったって言っていましたね」とし、「何より家族で住めるのが本当にうれしかったんです。布団3枚で家族5人で寝る感じでした。むしろ皆を近くで感じられる、ギューってなるのが良くて、バラバラで寝ることは1回もなかった」と語った。

参考:人生最高のレストラン

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

2歳の記憶がある人は少ないと思いますが、小さいながらに記憶されている伊藤さんは壮絶な状況であったことが分かります。

その時のことをバネにしてこれからも活躍してもらいたいですね。