米本学仁の妻(嫁)の学歴や経歴が凄い!なかやまきんに君が結婚したきっかけ?

 

 

鎌倉殿の13人で工藤茂光役で出演中の米本学仁さん。

映画プロデューサーを目指して2007年に渡米し、2013年にはハリウッド映画「47RONIN」に出演しているという凄い経歴を持たれてます。

米本学仁の妻でいらっしゃいます「若島薫さん」もすごい経歴をお持ちとのことで、米本学仁さんと友人であるなかやまきんに君がきっかけだったのなど、題して

「米本学仁の妻(嫁)の学歴や経歴が凄い!なかやまきんに君が結婚したきっかけ?」として調査していきたいと思います。

 

米本学仁の妻(嫁)の学歴や経歴が凄い!

 

鎌倉殿の13人で工藤茂光を演じた米本学仁さんですが、その大きな体格を活かした演技が印象に残りましたね。

 

米本学仁さんの奥さんは若島薫さんという方ですが、どんなお顔をされているのか?

こちらで動く若島薫さんを見ることができます。

 

昔は大人しい髪型をされていたらしいですが、今のマッシュルームカットがご本人の性格に合うと、若島薫さんがお勤めの会社の社長さんがコメントされてました。

 

米本学仁の妻、若島薫さんの凄いプロフィール

氏名:若島薫(わかしま かおる)

生年月日:1986年1月4日

最終学歴:2009年、東京大学大学院人文社会系研究科修士課程(哲学)卒業

2009年に東大をご卒業後、株式会社レイヤーズ・コンサルティングというコンサルティング会社に入社されます。

10年間ほどコンサルティングのお仕事をされていましたが、アートへの関心度が増していき現在のOVER ALLsに転職されたそうです。

 

米本学仁の妻、若島薫さんの株式会社OVER ALLsでの肩書

 

アートディレクター兼取締役兼最高戦略責任者。

(年齢不詳) 東大卒。

元経営コンサル。

コンサルタントがクライアントを腹落ちさせる仕事なら、 アーティストは感動させる仕事。

コンサルタントのアプローチが論理的で言語的なら、 アートは感情的で視覚的。

圧倒的知的センスと、独特の感性で内側から社内支える刈上げ女子。

引用:株式会社OVER ALLs公式サイト

 

な、なな、なんと、株式会社OVER ALLsの取締役さんでした!

 

なかやまきんに君が結婚したきっかけ?

 

米本学仁さんは京都産業大学在学中に映画鑑賞にのめり込み、映画プロデューサーになりたくて2007年に渡米されています。

ロサンゼルスで英語を勉強しながら映像制作のアシスタントをしていた時に、アメリカに筋肉留学していたなかやまきんに君と出会って仲良くなったそうです。

ある日、二人でラーメン屋さんで食事をしているときに、通りがかりの映画関係者に米本学仁さんが声をかけられたことがきっかけで、映画プロデューサーでは無く役者の道に進むことになります。

そこからオーディションに受かりまくったそうですが、中でもキアヌ・リーブス主演のハリウッド映画「47Ronin」の47人の浪人の内の一人として出演したことで一機に有名になっていきます。

仕事で日本に帰国していた時にFacebookで意気投合した社長さんが経営する壁画アートの会社に遊びに行った際に、出会ったのが今の奥様、若島薫さんだそうです。

超間接的ではありますが、俳優の仕事と出会うきっかけとなった、なかやまきんに君とのアメリカでの交友から発展して奥様と出会ったと考えると結婚のきっかけに少しは関わっていたと言ってもいいかもしれませんね。

 

馴れ初めは奥さんの上司が関係?

米本学仁さんと若島薫さんは出会って1.5か月のスピード婚だそうですが、出会ったきっかけは、奥様がお勤めの会社OVER ALLsの社長さんのご紹介だったそうです。

 

OVER ALLsの社長さんのお名前は赤澤岳人(あかざわ たくと)。

そう、米本学仁(よねもと たくと)さんと下のお名前が一緒なんですね!

なんとなく見た目も似ているお二人ですが、下の名前も同じでFacebookを通じて意気投合し、米本さんがVER ALLsに訪問した際に、奥様の若島さんが会社を案内してくれたとか。

赤澤社長にはこの二人がお互いに好きなのが分かったようで、うまく誘導されて出会いから1.5か月というスピード婚となったようです。

 

 

素敵な顔シャツに仕上がってますね!

 

 

まとめ

米本学仁さんと妻・若島薫さんの経歴いかがでしたでしょうか?

頭脳明晰でアートを使ったビジネスを生きがいとしている若島さんと俳優としてどんどん実績を積み上げている米本さん。

ぜひ、今後のご活躍も期待したいと思います!