吉沢亮 の剣道の実力は凄かった!2021大河ドラマ主演の理由とは?

2021年4月3日

2021大河ドラマ「青天を衝け」の主演、渋沢栄一を演じる吉沢亮。完璧すぎる容姿に、運動神経抜群、努力化、フレッシュでクリーンな印象を与える立ち振る舞い。そんな吉沢亮が剣道がうまかったことは知られていますが、どれぐらいうまいのか興味がありましたのでちょっと調べてみました。



吉沢亮 の剣道の実力は凄かった!


剣道歴は小学校1年生~中学校3年生の9年間で、関東中学校剣道大会にて最優秀選手にも選ばれており3年生の時には2段をもっていたようです。

剣道を始めたキッカケ

幼い頃に高いどころから落ちた時のケアで背骨が曲がってしまい、それを矯正するために当時厳しかった母親が剣道を始めさせたそうです。

怖い母親

母親がとても厳しく、稽古を休むと激怒されるため休まずに通っていたのだとか。本当は剣道が嫌だったみたいで、高校時代のクラブ活動はバスケ部だったそうです。

TVで実力を見せつけた

仮面ライダーでブレイクした翌年、2012年放送の「炎の体育会TV」で、2年連続日本一の女子高生と実業団ナンバーワンと言われている大塚家具女子社員に、勝ってしまっています。イケメン過ぎて相手の闘争心が薄れていたような気もします。

道場の名前

東京都昭島市内にある敬天館道場という噂です。

剣道のうまい芸能人

  • 金田哲(はんにゃ)三段
  • 原口まさあき 三段
  • 渡辺正行 五段
  • 東出昌大 三段
  • 長谷川初範 三段
  • 甲本雅裕 四段
  • 飛鳥涼(チャゲアス) 四段

番外編

  • 月亭方正 1級

2021大河ドラマ主演の理由とは?


公私ともにクリーンな人であること。

2019年の「いだてん」のピエール瀧やチュートリアル徳井、「麒麟がくる」の沢尻エリカなど、出演者の不祥事がありましたが、こういう事態になるリスクが徹底的に低く、これからイケイケの若手俳優である吉沢亮が選ばれた理由の一つのようです。

ちなみに剣道がうまいことはあまり関係ないみたいです。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

大河ドラマの出演者もどんどん若年化が進んでいて、この役にこの人だとちょっと貫禄がないなとか思ってしまうこともありますが、実際その時代に生きた人はそれぐらいの年齢であったことから,その方が事実に即しているかもしれませんね。

関連記事:2021大河ドラマ、渋沢栄一をあのドラッカーも絶賛していた?