鎌倉殿の13人比奈の最期はどうなる?死因についても調査!

鎌倉殿の13人で堀田真由さん演じる比奈(姫の前)。

比奈は史実上、義時の正室となりますが、ここにもまた悲劇が起こってしまいまし。

比奈の最期はどうなるのか?死因は何なのか?気になりなるところですね。そこで!

「鎌倉殿の13人比奈の最期はどうなる?死因についても調査!」として調査していきたいと思います。

 

鎌倉殿の13人比奈の最期はどうなる?死因についても調査!

 

「鎌倉殿の13人」第22話から登場している比奈(堀田真由)は、「姫の前」と呼ばれ義時の正室だったことで知られています。

かなりの美人だったようで頼朝と同じく義時は相当な面食いだったに違いありません。

 

 

比奈の父親は誰?

比奈の父親は比企能員(佐藤二朗)の兄弟にあたる比企朝宗。

 

比奈と義時との馴れ初め

ドラマでは比企能員(佐藤二朗)が妻の道(堀内敬子)と頼朝との関係を盤石にするために、美人であった比奈(姫の前)を頼朝の側女に差し出そうとします。

 

吾妻鏡に比奈(姫の前)が美女であったことが分かる一文があります。

比企の籐内朝宗が息女、当時権威無双の女房なり。殊に御意に相叶う。容顔太だ美麗なり

 

頼朝は比奈の美貌に一目ぼれしますが、直ぐに政子に感づかれてしまい義時に紹介するつもりだったと言い訳したところ、政子がその言い訳の案に賛同し比奈を義時に紹介するも義時は八重のことが忘れられず断ります。

 

というストーリーでしたが、「吾妻鏡」では義時が1年がかりで恋文を送り続けるも進展せず、頼朝がキューピットとなり「絶対に離縁しない」旨の約束をさせて夫婦になったとあります。

 

頼朝と義時は女性の好みが似ていたのかもしれませんね。

 

比企の乱

頼朝の死後、嫡男の頼家(幼名:万寿)が跡を継ぐも将軍独裁では無く、合議制が取られたことから側近であった梶原景時も失脚させられ一族ごと滅ぼされたことは頼家にとっては大打撃であった。

 

景時が討たれた後、頼家を支えるのは比企能員であったが、一線を外されていた時政がこれを恐れ比企一族を滅ぼしたとされる。

 

このことは比奈にとっては悲劇としか言いようの無い事態となります。

しかも比企討伐は夫である義時が大将であったことから比奈はさすがにこれを許すことは出来ず、離縁してしまいます。

 

比奈の上洛と死因

義時と離縁した比奈は上洛し源具親と再婚して輔通を出産しその後京都で死去したと「明月記」に記載されているが、死因は分かっていません。

 

比企一族について深堀りされたい方はこちらもご参照ください。


まとめ

「鎌倉殿の13人比奈の最期はどうなる?死因についても調査!」として調べてきましたがいかがでしたでしょうか?

「吾妻鏡」では頼朝に後押しされて無理やり義時と結婚させられ、実家を夫に討たれるという悲劇に苛まれる比奈ですが、離縁した後も再婚して子供を産むという力強い女性のように思います。

鎌倉殿の13人ではどのような最期を迎えるのか、見届けたいと思います。