オリラジ中田敦彦、シンガポール移住の理由と節税効果は?

2021年4月3日

オリエンタルラジオが昨年末に吉本興業を退社しました。中田敦彦は2021年3月にシンガポールに家族と移住されるそうです。海外を住居として活躍されている芸能人の方はたくさんいますが、どの方もチャレンジングで先を見て夢を追いかけている人が多い感じがします。

シンガポール在住の私の友人も、日本人が住むには非常に住みやすいところと聞いていますので、オリラジ中田夫妻が移住を決めた理由、その理由の一つであろう節税効果など簡単にまとめてみました。



池上彰さんの二番煎じという記事ですが、それを言ったらYouTubeやTVで政治、経済、歴史を説明している人が全員、二番煎じになってしまうし、あっちゃんのYouTubeは何度も見てますが、面白さでは池上彰さんの100倍面白いです。

もちろん池上彰さんも分かりやすくていいと思いますが、見る人がお好みで決めればいい話だと思います。

シンガポールってどんな国?


日本から飛行機で約7時間と比較的近く、近年では観光地や移住先として人気があります。近代的でおしゃれな街並みでどこに行っても清掃が行き届いており非常に綺麗なところです。

また治安も良いので、世界の中でも住みやすい国とされてます。教育水準も高く、シンガポール国立大学、南洋理工大学といった世界トップクラスの大学があります。

そして、時差も1時間なので日本にいる家族と連絡を取る際もほとんど気にする必要はありません。

シンガポールは多民族国家

民族の割合

  • 中華系74%
  • マレー系13%
  • インド系9%

近隣のリゾート

ご存じのとおり東南アジアには多くのリゾート地がたくさんあります。

  • タイのサムイ島やプーケット
  • インドネシアのバリ島、
  • マレーシアのランカウイ島
  • フィリピンのボラカイ島

日本からでは直行便が出ておらずトランジットが必要だったり、なかなか気軽にリゾート地へは行きづらいのが現実ですが、シンガポールのチャンギ空港からであれば、これらのリゾート地へ数時間で行けてしまいます!

シンガポール在住の人たちは、週末のちょっとした休みであっても、東南アジア各地へ週末リゾートを楽しみます。

オリラジ中田、シンガポール移住の理由

節税対策、守銭奴、などいろいろ言われているオリラジ中田さんですが、芸能人に限らずコロナの影響でテレワーク化が進んで住む場所を家賃の高い都心から田舎に移住する人も増えている昨今、中田さんのように自宅で収録したYouTubeで年収2億円も稼いでいるといわれる芸能人が節税で海外に移動して何が悪いの?って思います。

ネットワーク環境はどんどん発達して、その場にいなくてもコミュニケーションが取れる環境は進化し、またコロナの影響によってその仕事はもちろん日常生活においてもどんどん慣れていく必要があります。

シンガポールは物価も高いらしいですし、教育面は充実しているようですが、そこそこ良い学校は学費もそれなりのようなので、グローバル化が進む中、移住することによって節税が出来て、仕事もできて海外に住めるというのは選択として正しいと思います。

またシンガポールはビジネスをする上でも東京にいる以上の環境がそろっていると思いますので、そういう意味でもシンガポールに移住するチャレンジをすることは間違ってないと思いますので応援したいです。

中田一家はもともとハワイ好きだったそうですが、シンガポールに旅行に行った時にここなら住めるかもと思ったほど快適だったそうです。

日本よりも格段に低い税率

シンガポールの税率は日本と比較すると格段に低い税率となっており、法人税率は17%、所得税率も最高で22%(累進課税)であり、日本のような住民税もないんです!

日本の場合、所得税の最高税率は45%(住民税も入れると55%)にもなるので、移住することによって税負担が少なくなることは間違いないです。

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

これから先、コロナや今後発生する可能性のあるウィルスで私たちの生活は変化せざるをえなくなってきます。

海外へ移住するという行動は今に始まった話ではありませんし、誰でもチャンスがあって、その気さえあれば実現できることですので、日常生活はもちろん、仕事や子供の教育など住んでみないと分からないこともたくさんあると思いますが、中田さんのように仕事のやり方を変化させて枠にとらわれず、次のステップにチャレンジしていくことは素敵なことだと思いました。

関連記事:GACKTマレーシア移住の理由とは?オリラジ中田敦彦も影響を受けたのか