EEZ内とは?北朝鮮の弾道ミサイルがEEZ内に落下と推定?

2021年9月19日

また、北朝鮮が弾道ミサイルを2発ほど発射したようです。

防衛省によれば、15日、北朝鮮が同日午後0時32分頃と同37分頃、同国内陸部から東方向の日本海に向けて少なくとも2発の弾道ミサイルを発射したとのこと。

飛行距離は約750キロ・メートル、最高高度は約50キロ・メートルで、日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられる。

この排他的経済水域(EEZ)は良く耳にしますが、どのような領域のことを指しているのか調べてみました。




EEZ内とは?

排他的経済水域(EEZ:Exclusive Economic Zone)とは、漁業ぎょぎょうをしたり、石油などの天然資源てんねんしげんったり、科学的かがくてき調査ちょうさを行ったりという活動を、他の国に邪魔じゃまされずに自由に行うことができる水域です。

海に面している国は、自分の海(領海りょうかい)の外側そとがわに決められたはばえない範囲はんいで排他的経済水域を設定せっていすることができます。

海に面している国は、これらの活動を行うほかは、排他的経済水域をひとめしてはならないことになっています。

たとえば、他の国の船が通ったり、飛行機ひこうきが上空をんだり、他の国が海底かいていにパイプラインを作ったりすることを禁止きんしすることはできません。

引用:外務省

北朝鮮の弾道ミサイルがEEZ内に落下と推定?

 

まとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

外務省の公式サイトに「キッズ外務省」というページがあり、ここでは子供に分かりやすく外務省のお仕事に関わる様々な内容を説明してますのでお子様の学習にもぜひご活用頂けるかと思いました。

キッズ外務省のサイト:https://www.mofa.go.jp/mofaj/kids/q_a/imi.html